里山野菜

3年後のカラダをデザインする

里山野菜は、安心安全なオーガニック食材の提供を通じて自分の体は自分で守ること、つまり私たち一人ひとりの手でセルフメディケーション(予防医学)を実践できる社会を思い描いています。体の状態を正確に捉えて、正しい「処方」を薬ではなく食材を使って実現するために、最新の腸内微生物学と伝統的な中医学の両面から、独自のアプローチで研究を続けています。

私たちが仕事を精力的にこなすにも、学業に専念するにも、余暇を楽しむにも、「健康でいること」に越したことはありません。そこで、「3年後のカラダをデザインする」というスローガンに掲げ、「すべての人のライフパフォーマンスを最大化すること」を理念として活動を続けています。

おいしいものを食べながら、無理なく体の調子を整えることで免疫機能を高め、大きな病気を未然に防ぐことを目指します。この理念を実現するために最初に必要になるのが、高品質なオーガニック野菜の安定生産でした。自宅の一室をラボにして土壌微生物の培養研究をはじめてからおよそ7年の月日を経て、2020年にようやく実用化の目処が立ち、現在栽培施設の拡大を進めています。詳しくはこちら